土居裕子出演情報(2件)

0
    JUGEMテーマ:エンターテイメント
    こまつ座公演「マンザナ、わが町」の稽古に励んでいる土居裕子に代わりましてスタッフから出演情報のお知らせです。
     

    ☆岡幸二郎 スペシャル・プレミアム・コンサート 「ベスト・オブ・ミュージカル」

    【日程】2015年11月30日(月) 19:00開演(18:30開場)

    【出演】岡幸二郎/指揮・竹本泰蔵/日本フィルハーモニー交響楽団

        ゲスト:土居裕子/石井一孝/加来 徹 他

    【会場】東京オペラシティ コンサートホール

     

     

    ☆座・高円寺レパトリー・ピアノと物語「アメリカン・ラプソディ」
    ジョージ・ガーシュインの人生を彼を支えた仲間たちの視線で描いた物語。

    【日程】2015年12月18日(金)〜24日(木)

    【出演】土居裕子/斉藤淳/佐藤允彦(ピアノ)

    【会場】座・高円寺

     

    土居裕子の会(do-it)会員の皆さまには近いうちにご案内を致します。

     



    音楽劇「わが町」地方公演について

    0
      土居裕子の会事務局からのお知らせ

      音楽劇「わが町」地方公演は各地の演劇鑑賞会が主催の為、一般でのチケットのお取り扱いはございません。
      お手数ですが、詳細は土居裕子の会へメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。

      pcrea@nifty.com
      03−3449−5866

       


      事務局よりお知らせ

      0
         土居裕子の出演致します「星めぐりのうた」ののツイッターが開設されました。https://twitter.com/hoshimeguri2012


        「サウンド・オブ・ミュージック」大阪公演について

        0
          土居裕子オフィシャルブログをご覧頂きありがとうございます。「サウンド・オブ・ミュージック」大阪公演は9月中旬からスタートを致しますが、マリア役は井上智恵さん、笠松はるさん、土居裕子の三人が演じることになります。上演中は劇団四季ホームページにて一週間ごとの出演者をご覧いただけます。
          劇団四季はロングラン体制をとっている都合上、キャストの突然の変更の可能性もございます。チケットをお求めの際は、その点もご了承、ご理解の上、ご購入頂きますよう何卒お願い申し上げます。

          土居裕子の会事務局


          サウンド・オブ・ミュージック出演日について

          0
            いつも土居裕子オフィシャルブログをご覧頂きありがとうございます。
            多くの方々からお問い合わせがございました、劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」出演についてですが、この度、正式に決まりましたのでお知らせを致します。
            2010年12月22日(水)〜となります。
            しばらくの間は、マリア役は土居裕子が演じる予定です。
            ただし、劇団四季はロングラン体制をとっている都合上、キャストの突然の変更の可能性もあり得ますので、その点もご了承ご理解の上、チケットをお求め頂きますよう何卒お願い申し上げます。 チケットは下記の方法でお求め下さい。
            http://www.shiki.gr.jp/tickets/
            土居裕子の会事務局


            謝先生!おめでとう!

            0
              2009012220550000.jpg
              タンビエットの唄、他二作品が高く評価されて謝先生が紀伊國屋演劇賞を受賞され、今日はその表彰式でした。先生は他に読売演劇大賞も受賞されたので、ダブルの喜びです。いつものことながら、先生のパワーは衰え知らず!女性として、大尊敬する先輩です。畠中くんもかけつけて写真を。右のちょっぴり頭の涼しい、て言うか、淋しいおじさんは(失礼!)、たかお鷹さん(笑)。国語元年、花よりタンゴでご一緒いたしました、これまた、俳優として、大尊敬する方です。この授賞式で、演劇評論家の大笹氏が、「タンビエットの唄は、ここ10年のうちの一番素晴らしいミュージカルでした。来年、再々演があるので、見逃した方は是非ご覧になったほうがいい。」と、ご挨拶の時に、おっしゃってくたさいました。嬉しかったです。今年の受賞された方は、どちらかと言うと、派手に一発!ってな人たちではなくて、コツコツ影になり、日向になって、ひたすら良い舞台を!と、頑張ってこられた方が多かったような気がします。そんな活動を評価した紀伊國
              屋演劇賞は、かっこいいなと、思いました。


              ダブルヘッダー

              0
                2009011818460000.jpg
                新宿にて、二本観劇。久々にアメリカの古い名作、「わが町」を観ました。二本めは、アクション、殺陣の亀山ゆうみさんが脚本演出主演と、言うことで、是が非でも観なければと、かけつけました。かっちょよかった〜!ゆうみももちろん、ご主人の渥美博先生も出演。すっごーいアクションシーンでした!かっけ〜っ!私なんか、鞘から刀を抜くこともできない人間にとって、信じられない光景の連続!やっぱりチャンバラは面白い!あ、写真はですねぇ、ももいちごってゆーんですって。確かに写真でみると、すももみたい。大きくて、あまーいいちごでした。徳島産って書いてありました。そして、またしてもヤツが忍び寄ってきて、こんな写真になってしまいました。


                初日!

                0
                  2008053118020000.jpg
                  終わりましたー!なんとか無事に!(^O^)!
                  楽しいお芝居なので、お客様も笑顔になられたんじゃないかな?私たちがフラ踊っている時に、客席で一緒に踊ってらしたお客様もいたとか!うふふ。いいですねぇ(^.^)。ともあれ、いい初日でした。そして今日はスタッフキャスト関係者で打ち入りパーティーです。その前にホテルの窓から、きれいな夕日だったので。


                  今日もお芝居

                  0
                    200712071201001.jpg

                    今日は文学座のアトリエ公演を観てきました。
                    私は何を隠そう新劇ファンなんですよ。
                    その中でも文学座は特にご贔屓。今日は森本薫の作品、「かどで」と
                    「華々しき一族」の二本立て。
                    「かどで」にご出演の倉野章子さんは、私が大好きな女優さんで、
                    昨日の芝居(恐れを知らぬ川上音次郎一座)の常磐貴子さんにも感じたけど、
                    そこに立ってる倉野さんや常磐さんは、ちゃんとその役の人として生きているとこが
                    素晴らしいんだと思います。そのお芝居に関係ない感情を、
                    多分持たないで板に乗ってるからじゃないかな。
                    私なんかすぐ「うまく歌ってやろう(~ヘ~;)」とか思っちまうもんなあ!
                    だめだなーっまだまあだだなあ。そしてなにが素晴らしいかって、
                    日本語がすごく美しい。流れるような言葉たちが耳に心地よいのです。
                    日本語って多くを語らない美しさがあると思いませんか?
                    少ない言葉で世界を表現する美。好っきゃなあ!
                    そのせいか、読む本もどうしても日本人作家のものが多い。歌もです。
                    例えば英語の詞って、それは想像させて!ってことまで語ってしまう。
                    だからかなあ、巷ではあんなに支持されてる「千の風にのって」という歌が
                    どうしても好きになれない。私だったら同じようなことを言っている谷川俊太郎さんの
                    「世界の約束」が好きだな。よっぽど。美しい日本語。私もまだまだ勉強したいです。
                    そんな訳で、いいお芝居の後、おいしいお酒をちょっとだけ友人たちといただいて
                    帰ってみると、待ちくたびれた犬が、私を見るなり安心したのか、
                    こんな調子で爆睡しちゃいました。遅くなってごめんね、坊。


                    シアタークリエ

                    0
                      image.jpg

                      あの芸術座がどんな風にリニューアルされたんだろう?
                      興味深々でこけら落とし公演、「恐れを知らぬ川上音次郎一座」を観てきました。
                      おもしろかっったー!
                      さすが三谷幸喜さん、培った小劇場と商業演劇をうまーくミックスさせた、
                      まさにこの劇場にぴつたりのお芝居でした。
                      また出演者も強者揃いで、笑って泣きました。あー、やっぱり舞台はいいなあ。
                      写真はプログラムを読む坊です。(読んでない読んでない。)


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座